スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ実感なしです

りーちゃんが旅立ってから、気付けばけっこう時間が経ってしまいました。
なんだかいまだ実感がないと言いますか、理解出来てないと言いますか。
コタツの中に今でもいる気がして、現実を受け入れられない自分がいます。

ったくアタシがいないとダメなんだから

いつまでもぽーっとしてちゃいけませんね。
りーちゃんは実は最初から家の子だったワケじゃありません。最初の飼い主さんは、かなりご年配のおじいさんだったそうです。
すごくりーちゃんを可愛がっていて、食べ物の好みからして、カニさんやお刺身といった一昔前に「猫が好きそうな食べ物系」と思われていたものをたくさんもらってたようです。でもそのおじいさんが亡くなってしまい、他のご家族の方から虐待を受けていたところを、ボランティアの方に保護されました。

「リカ」と名付けたのは、そのおじいさんなのか、それともボランティアの方なのか、それは私達は知りません。
でも、ボランティアの方が「りかちゃん!りーちゃん!」と呼ぶと、うにゃんとお返事をしながら走り寄って来たことをよく覚えています。この子はもう自分の名前を覚えてるから、名前はそのままにしようと決めました。

おじいさんからボランティアさん、そして私。コロコロと変わるお家にきっとりーちゃんは戸惑ってたと思います。

家に来たばかりのりーちゃんは、触ろうとすると、ビクっと体を強張らせてしまい、きっと何度も叩かれたりの虐待を受けたことが素人の私でも分かりました。
いきなり子供の面倒見させて!ったくもう!
すでに成猫(推定1~3歳くらい)だったりーちゃんは、当時生後3ヶ月だったテトさん、そして4ヵ月後にやって来たるーさんの良いお母さんになってくれました。

いつ頃からりーちゃんが私達を信用してくれたのか、正直もう覚えていません。でも気付けば自分から撫でてと求め、自分から膝に乗り、自分から人と一緒に寝てくれる子になってました。電気屋のおじさんや、知らない人のお膝に平気で乗って行くような子になってました。違うお部屋からでも名前を呼ぶと、うーなって鳴きながらそのお部屋まで来てくれて呼んだんだから抱っこしなさいよと言わんばかりの態度をとる子になりました。私が言うのもなんですが…こんなおりこうさんの猫は見たことがありません。他の子の面倒もよくみてくれるし、本当に皆の良いお母さんでした。毎朝会社に行く時は必ずりーちゃんに「後よろしくね」と声をかけてました。

長く暮らすうちにりーちゃんのママ度はさらにアップ。目覚ましが鳴ってもすぐに起きない私の顔をペロペロ舐めて、毎朝起こしてくれるようになりました。りーちゃんにとって私は飼い主ではなく子供だったのかもしれません。
あんたは1番世話がかかったわよ

猫らしさ満点な猫様だったので、他の子ではジャンプ出来ないような出窓部分や、冷蔵庫の上でよくお昼寝をしてました。でも周りに他の子がいないのを確認すると、さりげなーく膝の上にちょこんと座って私の手を舐めてくれたことを覚えています。




2月24日の夜。夫と私はもうりーちゃんをラクにさせてあげようと決心しました。
正直、見てるのも辛い状態でした。苦しそうでも辛そうでも、目に力がある時は分かります。でも何をあげても口にしてくれなくなり、ガクンと体重も落ちました。目の力もなくなってしまい、もう限界だよ。そう思って迎えた2月25日。朝一で26日夜に獣医さんに往診の予約。私は26日からしばらくお休みをもらうことにしました。仕事を終えて最後の時間をゆっくり過ごそうを帰宅したら、るーさんが猫部屋の方をじっと見てました。あぁ、もしかして…。なんとなく分かった自分がいます。猫部屋に行くとまだ暖かくて今にも動きそうなりーちゃんが横たわってました。信じられなくて何度も何度も名前を呼びました。でも…返事はありません。一人で旅立ってしまったことがショックでどうやって謝れば良いのかパニックになってる自分がいました。

でもきっと、もうお薬ヤダったんだよね。いっぱいお注射して、お薬飲んで放射線までやって。いっぱいいっぱい頑張ったもんね。これ以上頑張れなかったんだよね。


りーちゃんが何時ごろ亡くなったのか。どうやって亡くなったのかは分かりません。
でも、25日の16時だか16時半だかに、同僚ちゃんの前で涙が止まらなくなった瞬間があったんです。
絶対人前で泣くもんかと心に決めて、ずーっとずーっとガマンしてたのに。誰に何を言われても必死でガマンしてたのに。突然止まらなくなってしまってボロボロと。今思えば、その時に逝ってしまったのかもしれません。




ありがとね
りーちゃんに会いに来てくれた皆様。御花をわざわざお送りいただいた皆様。暖かいお言葉をかけてくださった皆様。
本当にありがとうございました。
勝手ながら、2月28日までに受け取りました御花はりーちゃんと一緒に火葬させていただきました。
御花で囲まれたりーちゃんはいつもよりさらに美人さんに見えました。


ねえ、りーちゃん。幸せだったかな?
お家が何度も変わっちゃって大変だったろうけど、
家の子で幸せだったかな?


私はね。
りーちゃんと出会えて幸せだったよ。

ありがとう。ずっと大好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ペットロスは飼い主にとって本当に本当に辛いことですよね。
さおりさんのブログを読んで自分のことのように悲しくなって
思わず涙が滲んでしまいました。

私は実家で犬を飼っていて、
さおりさんほど大切に飼ってあげていませんでしたが、
6年前にその愛犬が他界して以降、
今後ペットを飼う勇気みたいなものが無くなりました。
よっぽどの事故がない限り、必ず私より先にこの世界から旅立ってしまうから。

そういう意味では、さおりさんはすごい飼い主だと思います。
苦しむ姿を見て、最後の飼い主の役割を果たすつもりでいらしたのですから。

ただ、私の個人的な思いですが、
りーさんはたしかに1人で旅立つことにはなってしまったけど、
自然な天命を終えたことを、私は良かったことなのではないかと思うのです。

最後に、
りーさんが天国で自由に暮らせるよう、
さおりさんの寂しさや悲しさで、りーさんを現世に留めてしまわぬよう、
送り上げてあげましょうよ。

No title

“りーさんっ子”だった廻りの子達、きっと必死ですよ。
さおりさんが支えてあげないと。

『りー』さんは素敵なお母さんだから、ずっと近くで見守っていてくれるんでしょうね。

本当に、私自身もすごく思うけど、人間の方が幸せを沢山もらっているよね。
こんなに幸せにしてもらっているのに「自分は何を返せているのか?」「この子達を幸せにできているのか?」って思う。

一生ね、たどり着けないんだろうなって。
もっと何かあったんじゃないか。
もっと他にできることがあったんじゃないか。
一生のテーマ、なのかね。

No title

>マルコさん
私ペットロスなんですかね?普通に会社行って、普通に友達と話して、普通にご飯食べてって生活が普通に出来てるんで、あー意外と私平気なんだなーと思ってたりして。看病時はりーちゃんが動くたびに目が覚めるので1日3時間程度しか眠れなかったのに、今では普通に朝まで熟睡出来ちゃうんです。なんか想像してたよりも普通に暮らせてるんですよ。自分でもビックリしてます。

マルコさんのように、大切にしてたペットが亡くなった後、新しい子を迎える気持ちにはなれない方はたくさんいらっしゃいますよね。その点については人それぞれかと思いますが、ペットを大切にする気持ちはみーんな同じですよ。私がすごいんじゃなくて皆すごいんです(←つーか私半人前…)マルコさんもすごいんです。すごーく愛してすごーく幸せもらったんですもんね。

>nishijimaさん
支えてます。今日も10キロのるーさんを腹の上に乗せ支えてます(笑)仰向けに寝てるお腹に乗って来るんですが、20分もすれば足がしびれて来ます。血のめぐりが悪くなるみたいです。

いやでも全くその通りですね。ただ寝てる姿を見る。ご飯を食べる姿を見る。遊ぶ姿を見る。見るだけでこんなに幸せな気分にさせてくれるなんてホントすごいですよね。ペット(って言い方あんまり好きじゃないけど)は飼い主を選べないから、私で良いのか日々不安になります。もっと他に良い環境を用意してくれる人がいるのに私なんかでゴメンよーと思いつつ毎日お仕えしております。

No title

人とか猫とかではなく
大事な家族を亡くしたんですもの
すぐには立ち上げれないですよね。

りーちゃんのお誕生日が書いてなかったので
訳ありなんだと思ってたら
虐待まで受けていたなんて・・・(辛)

でも、さおりさんちで優しいパパとママと
楽しいにゃんず兄弟に囲まれて
りーちゃんはどんなにか幸せだったかと思います。
りーちゃんの終の棲家がさおりさんで本当に良かった
「ありがとうママ」って聞こえてくる気がします(^^)

No title

>遊子さん
レス遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m
どっちがママなのかよく分からない関係でした(笑)
私にとってはママで、夫にとっては本妻だったんだと思います。

普段から、いつお別れしても後悔しないように、褒めてかまって抱っこしてたんですけど、やっぱりまだまだ出来たことはいっぱいあったのになぁと思ってしまいますね。
プロフィール

さおり

Author:さおり
猫様の召使

なんちゃってペットロスパラカウンセラー。
ペットロスは誰もがかかるもの。どうせなら良いペットロスになるべしをモットーに細々とボランティア中。通信料はご負担頂きますが基本無料なのでお気軽にどうぞ。

ご連絡・ご相談はコチラ



旧ブログはコチラ



猫様ご紹介



桃太郎侍(もも)

スコティッシュフォールド。2003.03.12生。男の子。抱っこで始まり抱っこで終わる、抱っこさえあれば何もいらない。ただしママの抱っこオンリー。好きなもの→抱っこ



銀河(ぎん)

チンチラミックス。推定11歳。男の子。北陸80匹SOS出身。臆病者ですぐシャーフー、でも5分後にはベタベタスリスリ。大音量過ぎるゴロゴロのため一緒に寝ようとすると寝不足になる。好きなもの→るーさん。ただいまるーさんロスでおとなしい。



リコ

ノルウェージャン。2009.03.11生。女の子。家中の物を破壊して行くのが趣味な顔だけは可愛いイタズラ破壊神。人間は全て自分の下僕だと思っている怖いもの知らず。好きなもの→嫌がらせ、邪魔、おもちゃ。



虎太郎(コタロー)

メインクーン。推定6歳。男の子。南相馬小高区出身の被災地にゃんこ。でも中身は完全にワンコ。特技はストーカーとDV。好きなもの→リコたん。ママ。



リカ(リーママ)

ノルウェージャン。13歳。女の子。2009.02.25扁平上皮癌のため永眠。いつまでも皆の優しいママ。好きなもの→人間、カニ

テト

スコティッシュフォールド立ち耳。男の子。1997.12.26生。2014.01.04腎不全のため永眠。何があっても我関せず。猫とは思えないどんくささと愛想の良さで常に来客人気No.1。好きなもの→高級バニラアイス。プリン。ご飯。

瑠華(るー)

ラグドール。1998.05.05生。男の子。2016.3.21扁平上皮癌のため永眠。自分が1番小さくて弱いと思い込んでいる小心者な巨大猫。普通にしてれば相当な男前。好きなもの→永遠にりーママ命。だからって同じ病気にならなくても良いじゃないか。

杏(あん)

スコティッシュフォールド。1999.02.01生。女の子。脳溢血の発作から3年近く経った2015.08.28本当の幻猫に。獣医さんも頭をかかえるほどの生命力で周りを驚かせたレジェンド。特技は仁王立ちで無言でのご飯催促。好きなもの→コタツ、布団

最新コメント
最新トラックバック
ImgBubbleTips
ImgBubbleTips by [猫カフェ]futaha
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。